記事を書く在宅ワーク(内職)をしているライター集団参上!

【ライターおやかた】ライターを束ねる仕事をしているためあだ名が『おやかた』。元々はライター                    【macky215】10本の指が何より大切!足は折っても手は死守したいアラフォーライターです

学生さんが在宅ワークをするときの注意点は?

f:id:ms-righting:20171219210841j:plain

 

私のところでライティングをしていただいている方は、副業とか、家事や育児の合間を利用して仕事をされている方が多いです。

中にはがっつり稼いでおられるライターさんもいらっしゃいますが。

ほとんど成人の方なのですが、たまに学生さんが仕事をされることもあります。

以前、契約書を交わすことなく仕事をしていた時期に、当時は日記風の記事を書いてもらっていたのですが、内容を見るとどう読んでも高校生だよね?という方がおられて。

まさか中学生ではなかったと思うのですが、中間試験や期末試験のことが出てくるので、間違いなく学生さんだろうと。

もし契約書を交わしていたとしても、年齢をお聞きすることはないので、学生さんかどうかは確認のしようがないんですけどね。

 

もちろん高校生以上であれば、働くことは許されているので、ライティングのお仕事をして稼ぐ、ということも可能です。

クラウドソーシングでプロフィールに「学生」と記載されておられる方もいますからね。

ただ、学生さんの本分は勉強することですから、ライティングでお金を稼ぐことにやっきになってもらっても困る、と思っています。

例えば納期に間に合わせるために徹夜で記事を書いていただいて、次の日に学校で居眠りばかりになってしまうのではないかと心配です。

ライターさんを心配するのもありますし、そういう無理をしていると、「もう大変なのでやめます」という話になりかねない、という依頼側の不安もあって。

 

私のところでは、「学生だから」という理由で不採用とすることはないです。

ただ、やはり慎重になってしまいますね。

学生さんであれば、やはりテストはあるでしょうから、その間の仕事は止まってしまいます。

毎月締めの納品であれば、その調節はできるかもしれませんが、毎週納品のようなものはテスト期間中はお休みされると思っておいたほうがいいですよね。

あとは、学生さんということはまだ社会とつながったことがない、という人も多いわけで。
社会人1年目で教えられる「ホウ・レン・ソウ」が徹底できないかもしれない、と思ってしまうのです。

ms-righting.hatenablog.com

 

ただ、連絡してこない人は社会人であってもしてこないので、学生だからと決めつけたくないのですが、やはり一度社会に出ているのと出ていないのでは、誰かが教えてくれることでもないし、なかなか身につかないのかな、と思います。

 

そもそも、学生さんで在宅ワークを選択される方はなかなかいないです。

たぶん外で働くほうが時給はいいと思いますし、なにより外で働いて、そこで出会いがあって、というほうが楽しい時期でないのかな、と思います。
でも、外のバイトだけでなくて、在宅ワークに目を向けてくれた、というのはうれしかったりもするんですけどね。

 

学生さんでお仕事をされるとなったら、気になるのが確定申告だと思います。

学生であれ20万円を超える収入があれば、確定申告は必要です。
普通は親の扶養範囲で仕事をすることがほとんどと思いますが、もし超えた場合でも「勤労学生控除」というものがあります。

条件がありますが、基本的に学生であれば、基礎控除、給与所得控除に加えて、27万円控除を受けることができます。

よって130万円まで所得税がかからないということになります。

 

ただ、130万円超えてしまうと、親の扶養から外れてしまうことになります。

すると、親の税金が増えてしまうことになるので、どれくらい仕事をするつもりか、家族で話し合っておく必要がありますよね。

 

さらに、在宅ワークの場合、源泉徴収するクライアントさんとしないクライアントさんがいます。

うちの場合であれば、源泉徴収していないので、確定申告をしてもなにも返ってきません。

在宅ワークであっても、源泉徴収をして支払うクライアントさんもおられるので、もし源泉徴収票が家に届くのであれば、確定申告をすることをおすすめします。

それは学生さんに限ったことではないんですけどね。

 

自分が学生だったころを思い出しても、高校生のころは時間があるようでなかったように思います。

なので、まとまったバイトができずに、在宅ワークを選ぶ学生さんもおられるでしょう。

ただ、学生故にどのように見られているか、ということを知っておく必要もあると思いますし、知っておくとどのように立ち回ればいいかもわかってくるかもしれません。

外でのバイトだって、学生であることを理由に断られるところもあると思いますし、学生だからということで、時給が低く設定されていることも多いでしょう。

それは在宅ワークでも同じことかもしれません。

ただ、ライティングの世界では、文章の質が勝負ですから、年齢も性別も学歴も関係ありません。

なので、実力勝負したい、文章力を身に着けたいという人にはおすすめの仕事かもしれませんね。

 

ライターをしてみたい学生さんはこちら

↓↓↓

ライター募集のアンケート

 

【ライターおやかた】