記事を書く在宅ワーク(内職)をしているライター集団参上!

【ライターおやかた】ライターを束ねる仕事をしているためあだ名が『おやかた』。元々はライター                    【macky215】10本の指が何より大切!足は折っても手は死守したいアラフォーライターです

ライター業と手首の痛み

ライター募集のアンケート2

f:id:ms-righting:20181118151956j:plain


私は執筆の仕事が大好きなのですが、ひとつだけ不安があります。

それは手首があまり強くないこと。

小学校3年生のときに滑り台の上から落ちて両手首を同時に折ってしまったことがあるのですが、完治してからもあまりよろしくない状態が続いているらしく、たくさんの文字数をタイピングすると鈍い痛みやだるさに見舞われるのです。

 

そういえば執筆から遠ざかっていた育児中も、他のママ達はさほどなんともないようなのに、わたしだけ手首が痛くてたまらなくなったことがありました。

接骨院の先生に「mackyさんは手首が弱いから気をつけないとね」と言われ、やっぱりそうなんだなと…。

子どもが幼稚園に入ってから本格的に執筆活動を始めたのですが、一文字単価が収入に直結する仕事ゆえにやりすぎてしまい、手首を痛めてしばらく執筆から遠ざかっていたこともあるんです。

 

ここ1年ほどまた執筆を再開しており、今度は文字数に気をつけながら手首にあまり負担をかけないように気をつけてきたのですが、やはり日によっては鈍い痛みを感じることがあります。

この状態を長く続けていると、だんだん蓄積してある日激痛に襲われたりということもあるのでは…とこわくなることもあるんですよね。

 

あと、年齢的なものもあるのかなとも思います。

わたしも40代半ばとなり、更年期に差し掛かろうとしている年代です。

更年期に入ると軟骨や筋肉が衰えてきて、関節痛が起こりやすくなるという話を聞きました。

もともと強くない手首ですが、更年期という要素が加わると、あまり酷使してはいけないのではないかな?と最近感じるように。

 

執筆の仕事はとても気にいっているし、口述筆記も取り入れて手首にかかる負担を減らしているつもりですが、これからも執筆を続けていくためには、タイピングする量を調整しながら他の仕事とバランスをとっていく時期に差し掛かっているのかもしれません。

執筆の仕事ができなくなるのはとても寂しいので、あまりひどくならないうちに対策を練っていこうかなと思います。

 

例えば買い物であまり重いものを持たないようにしたり、スマホを手に持たずスタンドに置いて使ったりといった、日常生活から負担を減らすような工夫も、合わせてしていけたらと考えています。

しかしわたしの周囲のライターさんで、手首が痛い・だるいなどと言っている人の話を、あまり聞いたことがありません。

あなたの手首の調子はいかがですか?

もし普段から手首を酷使しないように気をつけているというかたは、ぜひどんな工夫をしているのか教えていただけたらなと思います。

【macky215】



在宅ワーカーの健康診断

ライター募集のアンケート2

f:id:ms-righting:20181115162422j:plain

在宅ワーカーには欠かせない健康診断に、今年も行くことにしました。

わたしは国民健康保険に加入しているために、特定健診という内容のコースを受けることになります。

あらかじめ付与されている番号を検査機関に伝えることで、いくらかが補助されるという仕組みになっているんですね。

 

わたしは毎年子宮がん検診・乳腺超音波・胃カメラ検査をオプションで付けています。

この中でも特にツライのが胃カメラ検査。

口からと鼻からを選べるようになっており、比較的マシな鼻でお願いしてはいますが、毎年「もう絶対にやらない!」って思ってしまいます。

(現実にはそうはいかないんですけどね…)

 

なので今年は、鎮静剤により寝ている間に胃カメラ検査をしてくれる設備のある、別のクリニックで人間ドックをしてもらおうと思っていました。

秋口に夫が一足先に経験してきたのですが「なーんも覚えてない!」というくらいにラクだったということで、わたしも同じクリニックで人間ドックを申し込むつもりでいました。

しかし電話をしてみると「国民健康保険特定健診は適用外です」と言われてしまい。

胃カメラ検査だけを単独で受けられないか聞いても、コースにくっつけないとムリなんだそうです。

 

ですが胃カメラ検査を麻酔なしで行う気にはどうしてもなれず、あまり遠くない範囲で胃カメラ検査だけを単独でしてくれる診療所を探してみました。

すると一か所、自宅から自転車で行けるところに見つかったので電話をしてみると「人間ドックの一部である胃カメラ検査だけを、麻酔下でできます」というお返事を検査室からいただきました。

 

まずは初診として診察してもらい、もし技師さんの手が空いていたらそのまま麻酔下の胃カメラ検査ができるでしょうということで、朝一番に行けばスムーズに進みそうです。

保険が適用になれば6~7000円くらい、自費であれば2万円くらいということも教えていただきました。

仮に自費だったとしても、麻酔下でしてもらえるのですからわたしにとってこれはムダな出費ではありません。

胃カメラのデータを持って、ずっとお世話になっている人間ドックのクリニックに「バリウム検査と胃カメラ検査はなしで!」と申し込もうかと思っています。

 

胃カメラ検査はとてもつらいので正直やりたくないのですが、それをしないとバリウム検査が待っています。

バリウム検査も別の意味でイヤですが、もうこの年齢になると避けて通ることができない検査でもありますよね。

在宅ワークは体が資本、体調を崩したら来月の収入に直結してしまいます。

なので年に一度の検診が少しでもブルーでなくなるよう、お金がかかってもいいからできるだけ工夫していきたいわたし。

麻酔がきちんと効くことを祈りつつ、今年のミッションをこなしてきたいと思います!

【macky215】

 

在宅ワーク アンドロイドを使ってみます!

ライター募集のアンケート2

f:id:ms-righting:20181114200515j:plain

 

新しいモバイルの購入を考えています。

わたしと夫はどちらもガラケーiPod touch・モバイルWi-Fiを使っているのですが、夫は会社から支給されている携帯も持つため、モバイルだけで4台持つことになっているんですね。

これはさすがに持ちすぎで不便!という訴えがありましたので、格安スマホへの移行を考えはじめたんです。

確かにバッグも重くなって肩もこるしな~ということで、夫の格安スマホといっしょにわたしの分も申し込んでしまおうかなと思っているところ。

在宅ワークにはこれまでと変わらずiPod touchを使っていくつもりですし、モバイルWi-Fiもいざというときに便利ですから、これもそのままにしておきます。

しかし普段持ち歩くのに、格安スマホ1台で済むのはやはり便利ですよね。

 

どこの会社がいいのかな?と思って調べていましたが、夫から「サクサクとストレスなくネットが使えること」という希望がありました。

というわけでワイモバイルを中心に、どの機種にしようか検討しています。

ワイモバイルにもiPhone 6Sが用意されているのですが、夫に聞いたところ特にiPhoneにこだわりがないということでしたので、今回はかなり安くなっているアンドロイド端末を狙おうかと思っています。

 

アンドロイド端末は、以前からわたしも在宅ワークに便利に使えるのではないかと注目していました。

マウスとキーボードをつなげることで、タブレットとしても使えそうだなと思っています。

Apple製品にはマウスが使えないのですが、アンドロイドは豊富にアクセサリーがありますので、折りたたみのキーボードとマウスを購入して小型のパソコンのように使えたらな~と考えております。

 

そういえば先日、まさにそのようにしてカフェで仕事している人を見かけました。

文章を一心不乱に打ち込んでおられましたが、キーボードの上にちょこんと載っているのははアンドロイドスマホでした。

わたしは執筆は基本的に自宅のパソコンでやりますが、出先で思いがけず長文を打たなくてはならなくなった時、音声入力ははばかられますし、手打ちで長文を打つのも大変です。

そんな時に、きっとキーボードとマウスは重宝するだろうなと思いますね。

 

ちなみにワイモバイルにはアウトレットコーナーがあり、その時々によりたいへんお得に端末を買うことができます。

またもし中古の端末を持っている場合は、SIMカードだけを買うことも可能。

夫がもし「中古でもいいよ」と言ったら、手ごろなものを新古品などから見繕ってきてもいいかなと思います。

わたしもこれで在宅ワークにアンドロイドとAppleのどちらも使ってみるという経験ができますので、在宅ライターにとってどちらが使い勝手がいいのかも、また検証できたらなと考えています。

【macky215】

 

在宅ワーク パソコンを初期化してみた

ライター募集のアンケート2

f:id:ms-righting:20181113140711j:plain

 

先日、持ち歩きする用のミニノートパソコンの調子が悪くなり、新しいものに買い換えました。

無線LANだけでしかネットにつながらないパソコンでしたので、次は無線も有線も使える分厚くて大きめのものにし、設定などを終えてぼちぼち使っております。

 

そしてWi-Fiが繋がらなくなったほうのパソコンについて、時間のあるときに少しずつリサーチしてみたのですが、同じ型番を使っている人たちの口コミを見ても「もうこうなると修理に出すより買い換えたほうが早いよ」という意見がほとんどでした。

しかしこのパソコンはサイズ的にも外出時にとても重宝していたので、もしまた使えるようになるのであれば…と思い、データがなくなってもいいから工場出荷時の状態に戻してしまうことにしました。

 

設定から入ると「パソコンを買った状態に戻す」ということができるんですね。

このパソコンはもともと中に大したデータを入れていなくて、純粋に作業にしか使わないパソコンでしたので、ためらうことなく「実行」をクリック。

すべての処理が完了するまで、だいたい2時間くらいかかったでしょうか。

そしてまるっきり元通りになったパソコンに、もう一度はじめからセットアップを行うと、またWi-Fiを受信するようになったのです!

 

自宅のWi-Fiはしっかり飛んでいるのに、このパソコンだけWi-Fiを検知せず、いろいろ試してみてもどうすることもできませんでした。

しかし最終的にはこうやって工場出荷時の状態に戻してしまえばいいのだな!ということが、今回よくわかりました。

買ったばかりの新しいパソコンについては、常に新しいものを備えておきたいと思っていましたので、戸棚でスタンバイしておいてもらうつもり。

というわけで、生まれ変わったミニノートくんには、まだしばらく頑張ってもらえそうです。

 

新しいパソコンを使っていた高校生の娘も、空っぽになって生まれ変わったミニノートに「これが一番いいわ」と言っています。

わたしも「もう捨てるしかないのか」と思っていたパソコンが、たとえデータやファイルを失ったとしてもまた使えるようになったことがとてもうれしかったですね。

どうにかできる可能性があるのなら、なるべく捨てたくなかったからです。

修理に出すまでは考えていませんでしたが、素人でもまだできることってあるんだなということを学びました。

ちょっと乱暴かもしれませんが、どうにもできなくなったら初期化する。

これをアナログ人間であるわたしのバイブルに、新しく書き加えておきたいと思います。

【macky215】



在宅ワーク どのツールで執筆してますか?

ライター募集のアンケート2

f:id:ms-righting:20181112181511j:plain

 

執筆と投稿をセットで請け負っていると、ダイレクトにサイトの投稿画面に書いていく人も多いでしょう。

しかしわたしは、いったんローカルに保存しています。

iPhoneのメモ帳やGoogleドキュメントに下書きをし、それをコピーして投稿サイトに貼り付けているのです。

 

以前クライアントさんと話をしていたとき、そのかたは「効率重視したいから、投稿画面に直接書きます」とおっしゃっていたのですが、私はどうもそうするのが怖いんですね。

一度サイトに直接書き進めていて、途中でどういうわけか画面がフリーズし、その後再読み込みしたら消えてしまったことがあり、喪失感が半端なく…。

せっかく書いたものが消えてしまう、作業がなかったことになるというのが計り知れないダメージでしたので、それからはどんなテキストも、あらかじめどこかに書いておくことにしているんです。

コピペし投稿し終わると、もうそれは無用のものとなりますので、随時削除しています。

 

下書きするツールとしては、一般的にMicrosoft Word、メモ帳、Evernote一太郎などがあります。

もうこのあたりは、使う人の好みとなってくるでしょう。

わたしは在宅ワーカーとして働き始めて、半分以上の執筆をWordで行ってきました。

Wordでいいなと思うのは、書き進めると自動的に文字数がカウントされるところ。

わざわざ「文字数カウント」という動作をしなくても、一目で文字数が見られるのは当たり前のように感じていましたが、Word以外ではなかなかそんなことはないんですね。

一度使い出したらずっとWordばかり、という人も多いことでしょう。

 

また、スマホやパソコンに備え付けのメモ帳を使っている人も多くいます。

パソコンでメモ帳を使っている人に理由を聞くと「メモ帳は軽いんです」という返事が返ってきたことがあります。

Wordはいざ使おうと思って起動しても、書けるようになるまでにけっこうな時間がかかることがありますが、メモ帳はすみやかに開きます。

思っていたことをすぐに書き留めたいんだよ!というときに便利かなと思いますね。

 

Evernoteを使っている人も多いようです。

私も以前「Evernoteで書くといいよ」とすすめられたのですが、Wordの方が馴染んでいて書きやすかったのもあり、ソフトをダウンロードしたけれどそのままとなっています。

書いたものをカテゴリで分けたり共有したり、資料などもいろいろ置いておけるので、便利という声が多いですね。

 

一太郎は日本語入力のためのソフトといってもよく、多言語対応のWordよりもこちらがいいという人気も根強いようです。

Wordと同様に、重くて起動に時間がかかるからちょっと…という人もいます。

 

ちなみにわたしは、スマホのメモ帳とGoogleドキュメントを使っています。

クライアントさんとのやりとりがGoogleドキュメントですし、軽くて開くのに時間がかかることもなく、共有なども簡単だと思います。

願わくばWordのように文字数のカウントがいつでもデフォルトで出ていたらいいなと思うのですが、まぁそこももう慣れてしまったのでそれほど気にはなりません。

こういったものは一度使い始めたらそれに馴染んでいき、他のものに手を出しにくくなってくるものです。

しかし定期的に別のツールもいじってみて「こんなことができるんだな」と興味を持つことも大切かなと。

とりあえず食わず嫌いしているEvernoteに、お正月休みでもチャレンジしてみようかな。

放っておくとすぐ脳みそがさび付いてしまうので、のんびりとお正月番組を見ながらパソコンを開いてみようと思います。

【macky215】



子育てしながら在宅ワーク

ライター募集のアンケート2

f:id:ms-righting:20181111130812j:plain

某アナウンサーの奥さんが、お子さんが1歳のころから1日10時間の在宅ワークをしているという話を聞きました。

その方は、子どもを遊ばせながら隣でパソコンを開いたり、寝かしつけた後に仕事をしているとのこと。

 

まだ1歳のころの話に、心の底から驚愕してしまいました!

うちの娘たちは、1歳のころはひとりで遊んでくれるなんてことはなく、常にわたしのそばにべったり。

ママ!ママ!と常に自分の方を向いておけという感じで頭ごと自分のほうに向けたり、トイレに行くにもついてくるといった具合で、とてもじゃないけれど隣で遊ばせながらパソコンを開いたりすることはできませんでしたね。

寝てから仕事といっても、まず寝てからしなくてはならない家事があり、それをこなしきらないうちにショートスリーパーの娘が起きてくるといった具合でした。

なので、この奥さんは本当にすごいな!とただただ感心するばかり。

1歳の子育てと家事を完璧にやり、さらにそこに在宅ワークを長時間やるなど、わたしには到底できないことです。

 

しかし最近になって思うのは、そういうタイプの子が続けて我が家にやってきたのかな?ということ。

わたしは「子どもってそういうもんでしょ?子どもがいると在宅ワークなんて満足にできないでしょ?」と思うのですが、そういうタイプじゃないお子さんだった場合は「そう?割とできたよ」という人だって、実はたくさんいるんじゃないかと思うようになりました。

だから「子どもがいても在宅ワークができる」というのは、あるママにとっては正しく、別のママにとっては正しくない。

「わたしができたから、あなたもできるよ」というのは違うなと思います。

 

それに「1歳の子どもがいても仕事できたよ」という人も、実際には足元にまとわりつかれながら、カウンターの上にパソコンを置いて立ち仕事をしていたのかもしれません。

また夫や祖父母の助けがあったのかもしれませんし、家事代行の人が家事をしてくれたのかも。

ただ少なくとも「ママ大好き!ママにいつでも自分を見ていてほしい!何をしててもママの姿を確認したい!」というタイプの子を持っているなら、保育園や幼稚園に上がるまで満足な在宅ワークをするのは難しいと思います。

 

こういうタイプの子をお持ちの場合は、保育園や幼稚園に行っている間に数時間集中して仕事するところが、本当の在宅ワークのスタートなんじゃないかなと思います。

おチビちゃんを見ながら合間に在宅ワークというのは憧れますが、わたしには向いていない働き方だったなと、子どもたちがある程度大きくなった今、改めて感じています。

決してできなくはないですが、子どもに泣きわめかれて以前よりも束縛されるようになりながら、ヘトヘトになって得られるのは数千円、というのは割が合いません。

あなたのお子さんは、どんなタイプですか?

うちのようなタイプなら、就園するまでもうちょっとだけ待ってみるのもいいかもしれないですよ。

【macky215】




海外での在宅ワーク 時差に注意

ライター募集のアンケート2

f:id:ms-righting:20181108173826j:plain

若いころから、漠然と「海外で働いてみたいな~」と思っていました。

しかし自分には英語力もないですし、言葉の壁を越えてでも雇いたいと思ってもらえるようなスキルもありません。

しかしそこは置いといて(笑)とりあえず採用してもらったとしても、海外ではいつリストラされるか分からないところがあります。

「You今日から来なくていいよ」などと言われたら、段ボール箱に私物を詰めて、そのまま退職しなくちゃならないんですね。

 

在宅ワーク関連の質問を見ていたら「海外で勤務しているけれどクビになるのが怖いから、在宅ワークをして備えておきたい」「給料が安いから在宅ワークをして補いたい」という人がちらほら見受けられます。

インターネットが発達している時代ですから、たとえアメリカにいてもエジプトにいても、日本語で日本の会社と仕事することができるんですね。

 

単純な作業系の在宅ワークなら、外国にいながら自分の都合のいい時間にすることができますが、日本との調整役としてやりとりをしなくてはならない仕事だと、これは案外難しいようです。

海外と日本には時差がありますから、これがあまりに開きすぎると地域によってはタイミングが合わないのです。

日本での始業時間が現地での終業時間に重なった場合、自分の都合のいい時間に連絡をしていては、数回のやり取りをするだけで数日かかってしまうでしょう。

日本の会社としては調整役として雇用している以上、自分たちの営業時間にやりとりをしてほしいはずです。

しかし現地で日中に仕事を持っていて終業後に副業で日本とのやりとりが発生すると、深夜までずっと働きづめということも起こり得るのですね。

実際にそういったことが苦痛になり、1年ほどで日本との在宅ワークを辞めてしまったという人もいました。

 

わたしも子どもたちの手が離れたら、単身で海外に住んでみたいという夢があります。

その時には在宅ワークを海外でもするつもりですが、その内容は吟味しないといけないなと思っています。

頻繁に日本の担当者とのやりとりが発生する仕事は、時差の関係でスムーズにいかない恐れがあります。

わたしが住んでみたいアメリカやカナダだと、ちょうど日本の始業時間が終業時間と被るんですね

ですから純粋な執筆作業や、データ入力などを中心に行うことになるのかなと思います。

 

しかし逆にいうと、在宅ワークの内容に気をつければ、海外で在宅ワークをすることはそれほど難しくないということ。

そしてもうすでに海外で働いてる人も、急なリストラや低い給料への保険として、日本の会社から在宅ワークを受けることは安心材料になるなと思います。

わたしも今のうちから、どんな内容の在宅ワークを海外でするか考えて、それをずっと受注できるようにスキルを磨いていきたいですね!

【macky215】