記事を書く在宅ワーク(内職)をしているライター集団参上!

【ライターおやかた】ライターを束ねる仕事をしているためあだ名が『おやかた』。元々はライター                    【macky215】10本の指が何より大切!足は折っても手は死守したいアラフォーライターです

SEOを意識したタイトルに挑戦中!

f:id:ms-righting:20171220104408j:plain

 

先日から反省をしていたこと。

そう、少しはSEOを意識したタイトルをつけなければならない!

ms-righting.hatenablog.com

 

タイトルやディスクリプションを工夫しなければ、といいながら、ずるずると引き伸ばしておりました。

SEOを意識したタイトル、というのが、どうすればいいのかピンときていたなかったというか。

そんなときに、こんな記事を見つけまして。

sakagami3.com

 

この記事に出てくる「goodkeyword」。

これって、かなり前にタイトルを考えるときに「こんなものありますよ」とクライアントさんが教えてくれたものではないですかー!

当時は1つのキーワードではタイトルが考えにくいだろう、ということで教えていただいたと思っていました。

でも、ちょっとだけSEOがわかった今となっては、検索してあがってきた複合ワードを入れることがいかに重要か、なぜクライアントさんがこれを参考にしてタイトルを考えてくださいと言ったか、・・・やっとわかった・・・。

我ながら、今頃回線がつながるとはアホすぎる・・・。

クライアントさんから「今頃ですか!今までなんだと思ってたんですか!」と言われるのは確定なので、今から耳をふさいでおこう・・・(笑)

 

まあ気持ちを切り替えて・・・。

私はすでにタイトルを考えるためのいいツールを知っていたわけです。

もちろん先ほどの記事によると、そんなに難しく考えることなく、googleの検索窓に書こうと思っているキーワードを入れれば、関連ワードが表示されるわけで。

私がすごく難しく考えていたタイトルも、あっさりとこの複合ワードとの組み合わせで考えればよいことがわかったわけです。

先ほどの記事によると、そのワードを出すと、どれくらいアクセスが見込めるか、ということまで調べないといけなさそうなのですが、まだそこまで手をだせていません・・・。

 

最近ちょっとネタが尽き気味だった私には、ありがたいことでもありました。

「今日はライターさんについて書こうかなぁ」と思ったときに、「ライター」とgoodkeywordに入力してあがってきた複合ワードを見て、どんな記事を書こうかイメージを膨らませることができるのです。

ただ、「ライター」と入れたときに、火をつけるライターについての複合ワードがたくさんあがってきたので「あちゃー」って感じでしたけど。

 

そういうことで書いた記事がこの3つ。

ms-righting.hatenablog.com

ms-righting.hatenablog.com

ms-righting.hatenablog.com

 

ディスクリプションも最初2~3文しか表示されないわけなので、そこに記事を読んでもらえるように、要約をつめこんだり、疑問形をいれてみたり。

私にしては頑張った!(たまに自分をほめておかないとすぐ凹むので・・・)

 

で、昨日のアクセス。

あれ?少し多め・・・?

でも、今回タイトルを工夫したことが、昨日のアクセスにつながったとはあまり考えにくく。

googleからの流入が増えたわけでもないし、クライアントさんも時間がかかると言っておられたし。

ただ、確実に言えることは、これを続けなければならない、ということですね。

ほんとは、タイトルを意識したり、ディスクリプションの表示も意識するだけでは全然足りないと思うんです。

ただ、今まで手をつけていなかったことに、手をつけたということで。

器用でない分、いきなり全部を変更する自信がないので、まず自分ができそうなものからちょびちょびやりたいです。

(クライアントさんには「今すぐ全部やれー!」って言われるかな)

 

ただ、複合ワードから書く内容を考えると、すごく堅い記事ばかりになってしまう!ということに気がつきました。

恥ずかしながら私のブログ、「やっちまったよー」「間違えた~」という記事のほうがアクセスや星がつくことが多いのです。

もちろん「がんばれ~」の意味を込めてと思うのですが。

私もたまにはお気楽な記事も書きたいし、今日みたいに「アホすぎるわぁ」という記事も書きたい(笑)

なので、タイトルはSEOを意識しつつ、自分らしい記事になるにはどうしたらいいのかな、というのがこれからの課題です。

 

SEOを意識した記事を作成していただける方はこちら

↓↓↓

ライター募集のアンケート

 

【ライターおやかた】