記事を書く在宅ワーク(内職)をしているライター集団参上!

【ライターおやかた】ライターを束ねる仕事をしているためあだ名が『おやかた』。元々はライター                    【macky215】10本の指が何より大切!足は折っても手は死守したいアラフォーライターです

在宅ワークは日給月給?

f:id:ms-righting:20171219161845j:plain

私がやっている在宅ワークは、日給月給みたいなもんだなあ~といつも思っています。

現場で働く人が雨が降ると仕事がなくなって家になくてはならず、1円の収入も入ってこないのと同じで、在宅ライターの場合も書かないと1円にもなりません。

長期休みにお休みをもらいたくて、クライアントさんに了承を得てリソースの調整をしてもらえるというのは利点ですが、書かなかった分だけシビアに収入が減ってしまうんですよね。

会社員はそういうことはないですから、やはりうらやましいです。

私の気持ち的には「年末年始は1週間ぐらい何もしない日が欲しいな」と思うのですが、やはり得たい収入から見た場合、あまりにも長く休むのはのちに自分の首をしめてしまうことにつながってしまいます。

なのであまり長く休むこともできないなあと。

いまお仕事させていただいている先は、どこも年末年始の仕事量を選ばせていただけるので、自分にもっともいい量を決められて本当に助かっています。

やってもいいしやらなくてもいいよ、なんていうアバウトなお仕事もあるので、そういうのは3が日で時間があけば入れようかなと思っているところ。

 

大人になってから、自由は単体で手に入るものではないとよく思います。

自由にしたことで返ってくるものを、全て自分で受け入れる覚悟が必要なんですね。

自由だけを謳歌することはできないんです。

よく我が家の高校生が「学校で友達としゃべって部活だけして帰って来れたら最高やあ~!」などと言っていますが、大人になって私も「そうやねえ~!」と思うことがあります(笑)

好きな内容を好きな時間だけ書いてお金をもらって、疲れたらやめて、あとは遊んで好きなように寝たい。

だけど実際にそんなことをしていたら、すぐに不安になって「こんなことをしていてはいかん、働かねば!」などと思ってしまうのかもしれないです。

 

というわけで私の年末年始は、何もしない日はせいぜい3日間。

そして普段よりも仕事の量は減るでしょうが、1日のなかで何かしら仕事はすることになりそうです。

大掃除や年賀状の準備をし、並行して確定申告の準備をしつつ、仕事をちょろちょろとやるという感じでしょうか。

普段より書く量が減るので手首を休められるだけが利点というかんじの年末年始になりそうです。

それにプラスして朝8時まで寝られる3日間、それだけで満足できそうな気もしますね~。

まあ年明けに一気に忙しさがきそうですから、初詣なんかは夫に子どもたちをまかせ、おうちでぬくぬく、のんびりパソコンに向かわせてもらおうかなと思います。

【macky215】