記事を書く在宅ワーク(内職)をしているライター集団参上!

【ライターおやかた】ライターを束ねる仕事をしているためあだ名が『おやかた』。元々はライター                    【macky215】10本の指が何より大切!足は折っても手は死守したいアラフォーライターです

正しい情報を見分ける目・提供する責任

f:id:ms-righting:20171212102428j:plain

 

googleで医療や健康についての記事が、医療関係者の書いたものは優先的に表示される変更になったわけですが。

ms-righting.hatenablog.com

 

まあ、このときは怒り狂ったわけですが、多少落ち着き始めました。

なにより、クライアントさんはちゃんと考えておられて、私があたふたする必要はない、ということ。

私は今までどおり、いいライターさんを見つけることと、今仕事をしていただいているライターさんに気持ちよくお仕事をしてもらうことに力を注げばよいだけで。

ちょっとツイッターにあふれる「もう終わりだー」「もう廃業だー」という言葉に踊らされてしまいました(汗)

 

今回の変更は間違った内容の記事を排除するためのアルゴリズムだったわけですが、「うちのライターさんの書く記事は100%OKです!」と言いたいところですが、そうとも言い切れないところがあるんですよね。

というのは、ライターさんだって、ネットで情報を収集してくださることがほとんどです。

そのネットの情報が、間違っていたとしたら・・・。

それを信じて書いてしまうことだってありうるわけです。

しかもそれがよくできた内容だったら「これはよい情報だから拡散しよう」となってしまうわけです。

 

個人的な話ですが、子供の発達障害がわかったときのこと。

ms-righting.hatenablog.com

 

私も旦那もそれぞれにネットで発達障害について調べていました。

そしたら旦那が「発達障害って遺伝とか育て方の影響が大きいんだって」と言ってきて。

「はぁ~~~~~~!?」

と思わず言ってしまいました。

現在発達障害については、原因はよくわからないけど脳に障害がある状態なわけで、遺伝でも親の育て方の問題ではない、というのが、どちらかというと常識。

その中から、なぜわざわざその間違った情報を見つけ出してくるかな!?みたいな。

でもネットには、そういう情報もまだ残っているんだな、と改めて思い知らされました。

もちろん旦那には全力で否定しましたけどね。

 

でも記事を見ている人、つまりライターさんが情報を集めることも含めて、見分けることが難しい内容もたくさんあって。

現に旦那も信じてしまった1人。

なので、ライターさんにはできれば1つのサイトからでなく、複数のサイトを参考にしてくださいね、とお願いしています。

「こっちのサイトではいいとされていることが、こっちのサイトでは避けるべきとされている」というのも見えてくると思うんですよね。

 

私も薬の副作用とか調べるときに、「ほぼ眠くならないお薬です」という薬を飲んで、でもめちゃくちゃ眠たいときに、どんなに下位のページであっても「眠くなることもあります」という記事にぶちあたるまで探し続けたりします。

「やっぱりこのしんどさは薬のせいじゃ~ん」と自分を安心させるためで、こういう探し方もどうかと思いますが(笑)

でも今だったら、こういう記事にも出会えないんでしょうね。

 

記事を提供する側としては、やはりサイトにアップする前にチェックを重ねるし、サイトにアップした後でも間違っていた記事についてはいったん取り下げてリライトをするとか、いいサイトにするための努力はしているはずなんです。

だから、記事を書く側も、できるだけ正しい情報を調べるつもりでいなければいけないし、上がってきた記事に対してもそれが正しいか、チェックする側も判断できる目を持っておかなければいけないし。

いい記事、正しい情報の記事であるために、複数の目は必要だと思いますし、それぞれがやはり責任もつことも必要だな、と思いました。

 

そういう私がここ数日、googleアルゴリズム変更に右往左往してしまったので、あまり説得力ないかもしれませんが(苦笑)

確かに医療や健康については、個人差もあるし、わかっていないことも多いし、あまりにも断定的な表現を使うのは危険と思います。

でもわかっていることも多いし、1つでも病気を治したくてそのための研究を世界中でやっているわけで、その研究成果を広めてほしいから、いい論文に掲載されるよう、みんながんばっているわけで。

 

論文といえば、STAP細胞のときも間違った発表をした側はすごく責められたけど、間違ったと気がつかずに雑誌に載せちゃったNatureのほうは責められなかったなぁ。

「だまされた側」というスタンス?

世界的権威もそんなものなのかもしれないですね。

 

記事は1回で大正解を出すのは大変かもしれないけど、わかった時点で補足を加えたり、修正したり、そうやってブラッシュアップしていくことで、いい記事に仕上がっていくんだろうと思う。

そう考えると、私のブログの記事も本格的にブラッシュアップしていかなければ(汗)

でも、なかなか時間がないと言い訳しながら、今年も残りわずかです・・・。

 

よりよい記事を目指していただける方はこちら

↓↓↓

ライター募集のアンケート

 

【ライターおやかた】